タグマネージャーを使ってGoogleアナリティクス、サーチコンソールを設定します。

前提として、Googleアナリティクス(今回の説明GA4を使います)、サーチコンソールを開設済みで、かつアナリティクスにサーチコンソールが連携されている必要があります。

また、途中で表示されるタグをホームページに埋め込むので、そのためにタグを入れられるよう準備もしておきましょう。

タグマネージャーの管理画面から、「アカウントを作成」をクリック

アカウント情報を入力していきます。

アカウント名

社名や店名などを入れます。

日本を選択

コンテナ名

適当な名前を入れますが、ホームページのドメインを入れても良いです。httpや/などは除き、〇〇〇.comの部分だけを入れましょう。

ターゲット プラットフォーム

「ウェブ」を選択します

すべて入れ終わると一番下の、「作成」ボタンの色が青に変わりますので、ボタンをクリックします。

利用規約の画面が出るので、右上の「はい」をクリックします。利用規約は英語のままでも大丈夫ですし、日本語になおしても良いです。

Googleタグマネージャーの利用規約

タグの画面がでますので、この段階でタグをコピーしてホームページに入れます。タグをコピーするときはコードの全体を選択してコピーするか、タグの右上のボタンをクリックしてもコピーできます。

Googleタグマネージャーのサイトタグ

ホームページにタグを入れ終わったら次に進みます。

これで基本的なGoogleタグマネージャーの開設とホームページへのタグの埋め込みが終わりました。

この後からタグマネージャー内にタグを追加していく作業になります。

画面左側の「タグ」をクリックします。

Googleタグマネージャーの管理画面

下記の画面が表示されますので、「新規」をクリック

「タグの設定」の枠内のでこでも良いのでクリック。または枠内にカーソルをあてると右上にペンのマークが出るので、そこをクリック。
「名前のないタグ」の部分はわかりやすい名前を入れます。後でも入れられるので飛ばしても良いです。

設定IDのところにGoogleアナリティクスのGA4のプロパティの測定 ID( G-から始まるID)を入力

「トリガー」の枠内のでこでも良いのでクリック。または枠内にカーソルをあてると右上にペンのマークが出るので、そこをクリック。

「All Pages」をクリック

右上の「保存」をクリック

最後に忘れず「公開」をクリックしましょう。