ホームページの世界はリンクでつながれています。そしてリンクはSEO的にもとても重要で常に話題の中心になっています。
リンクについて理解することは自体は決して難しいものではないのですが、SEO対策に有効なリンクと言う意味では多少複雑でもあります。
以前は効果のあったリンクの方法が今は効果がなかったり、逆にマイナスに働いてしまう場合もあります。そして今効果のある方法も、将来ずっと効果があるとは限りません。
大切なのは、常にアンテナを張って情報をアップデートし続けることと、間違った情報や古い情報に惑わされないようにすることです。

先ずはURLについて

リンクについて説明する前に、重要なキーワードを確認しておきましょう。それはURL(ユーアールエル)です。

https://~で始まるアレのことです。

「アドレス」なんて言われることもあり、文脈からそれでも通じますが、できればURL(ユーアールエル)と呼んであげてください。

 ワンポイント

ドメインと言う言葉もついでに覚えておきましょう。
ドメインとは、「〇〇○.com」とか、「○○○.co.jp」のことです。ドメインとURLは混同しやすいのですが、明確に違いますのでご注意ください。

例えばこのサイトのドメインは、geo-feed.netで、ホームページのURLはhttps://geo-feed.net/です。

ドメインはホームページだけに使われるのではなく、メールアドレスにも使われますよね。例えば、xxx@geo-feed.netという使われ方をします。

ホームページは少なくとも1ページ以上のページで構成されていますが、その1ページ1ページに必ず固有のURLが付きます。複数のページに同じURLが付いていることはありません。

ページとURLの関係

リンクとは?

リンク(link)の元々の意味は、「何かと何かをつなげる」という意味です。そしてホームページの世界では、正確にいうとハイパーリンク (hyperlink)と言います。と言っても、私も今書いていて「そう言えばそう(ハイパーリンク)言うんだっけ」と思い出した位なので、あまり覚える必要もなく「リンク」で十分です。

さて、ホームページの世界はリンクで形成されていて、そのリンクにはURLが使われます。

ホームページを作ったり、そこにページを増やしたり、あるいはブログを運営したりという経験が無い方はほとんど意識をしたことがないかもしれません。

しかし普段ネットで様々なホームページを閲覧している際には、必ずこのリンクをたどっているのです。

あるホームページを見ていて、その中の他のページを見る際にもリンクをたどっていますし、そこから他のホームページに移動(遷移)した場合もリンクを辿っています。

何かを検索した時にはたくさんの検索結果が表示されますが、そこに列挙されている様々な情報も全てリンクが形成されています。

イラストを交えながら、もう少し詳しく説明していきます。

ホームページを作る際には、一般的には1ページずつ作っていきますので、まずその1ページを作ったとします。

ページを1ページ作る
1ページ

作ったページをネット上に公開する時には、先ほど説明したようにURLが必要なので、適当なURLを作って公開します。今回は“https://abc/page1と付けることにします。ちなみにこの場合はabcがドメイン部分になりますので、ここはどのページも共通になります。自由に変えられるのはその後の部分(page1)です。

1ページだけでもホームページとしては成り立ちますが、一般的には複数のページを作りますので、今回も別のページを作ったとします。

そのページを“https://abc/page2”とします。

2ページ目を作る
ページ2

これでpage1page2の2つのページが出来上がりました。しかしまだこの段階では2つのページはつながっていないのでバラバラです。

そこでこの2つのページをリンクしてつなげるのですが、まずpage1からpage2につなげるとしましょう。

それには、page1のどこかに、page2へのリンクを記載します。

そこではじめてpage1とpage2はつながります。

page1からpage2へリンク

これで、page1の内容を読んでいた人が、page2へのリンクをクリック(またはタップ)するとpage2が表示されるわけですね。

ここで一つ大事なキーワードを覚えておきましょう。それは発リンクと被リンクです。

発リンクと被リンク

先ほどの例でいうと、現段階では“page1からpage2にリンクをした”という状態になっています。逆に、“page2はpage1にリンクをしてもらった”という関係になります。このように、リンクはある場所からある場所に一方的につなげるという構造になります。

そして、この例で言うとpage1はリンクをした方なので、このリンクのことを“発リンク”と言います。そしてpage2はリンクをされた方なので、これを“被リンク”と言います。

相互リンク

さて、page1からpage2にリンクをしましたが、これは一方的な状態で、page2からpage1にいくことはできません(今は「戻る」は考慮しません)。最初に見たページがpage2だった場合、そこからpage1を見ることはできないのです。

そこで、今度はpage2からpage1へもリンクをすることにしました。

相互リンク

ここで初めてpage1とpage2は相互に行き来することができるようになりました。

この状態を“相互リンク”と言います。

このようにして、ページとページはリンクをすることでつながり、ページ間の移動ができるようになります。

トップページだけはちょっと特殊

さて、リンクについて少しわかったところで、もう一つ大事なことがあります。ホームページの構造上、実はトップページだけは特殊なのです。トップページは、“親ページ”と考えるとわかりやすいかもしれませんが、すべてのホームページにはこの“トップページ”というのが存在します。

そして先ほどの例でいうと、トップページのURLは“https://abc/”となります。そしてそれ以外のページのURLが、“https://abc/xxx/”となります。つまり、トップページは親ページで、それ以外のページは“子ページ”になります。ちなみに子ページは“サブ(sub)ページ”とも“下層ページ”とも言われます。

このようにホームページは、一つのトップページと、複数の子ページによって形成され、通常はそれぞれがリンクと言う関係でつながっているのです。

本に例えるとわかりやすいと思いますが、トップページは本で言うと表紙にあたります。表紙はどんな本にもありますし、表紙を見るとどんな内容の本なのかがある程度わかりますよね。

ホームページとホームページのリンク

これまでは、一つのホームページ内のページ同士のリンクについて説明しましたが、もう一つ大事なリンクがあります。それは、ホームページとホームページのリンクです。

例えば、文房具店のホームページがあったとします。そのホームページの中に、例えばコクヨとかゼブラの商品を紹介するページがあります。そして、その各商品のページに、コクヨのメーカーのホームページにリンクをして紹介するというケースが有ると思います。

これは、文房具店のホームページからメーカーページへの発リンクになります。

また、コクヨのメーカーのページでも、“お取り扱い店舗”というように、コクヨの商品を取り扱っている文房具店の紹介をしてたとします(実際にしているかどうかは知りませんが)。その紹介ページから文房具店のホームページにリンクをしていた場合、コクヨから文房具店への発リンクということになります。

そして、この結果文房具店からも、コクヨからもお互いにリンクをしあっていることになるので、これも先ほど記載した“相互リンク”ということになります。

実際のところ、相互リンクは、SEO対策の現場ではホームページとホームページのリンクで使われることが多い言葉です。

ホームページ同士の相互リンク

リンクは紹介であり、人気投票でもある

ホームページとホームページのリンクが何故行われるのかというと、主に“紹介”のためです。先ほどの例でいうと、文具メーカーのコクヨは、自社の商品を取り扱ってくれている文房具店を紹介するために、その紹介ページを作っていたとします。紹介するページを作っただけでも“紹介”という行為は成り立ちますが、その文房具店がホームページを持っていれば、通常はそのホームページも紹介(リンク)すると思います。

このように、リンクの目的は紹介です。

ところで、コクヨというメーカーさんは大きいメーカーさんですし、文房具店に限らずいろいろなホームページで紹介(リンク)されていることは容易に想像できます。ブログからもリンクされているでしょうね。

つまり、たくさんのホームページからリンクをもらっている(被リンク)わけです。そう考えると、リンクというのはある意味“人気投票”でもあります。

いろんなホームページからリンクをされているホームページは、人気のあるホームページということになります。

これがSEO対策的にはとても大事なポイントになります。

SEO対策としてのリンクについて考える

SEO対策では、基本的には人気のあるホームページほど上位に表示されやすい傾向にあります。

ですから、SEO対策で自社のホームページを有利に上位表示させるには、たくさんのホームページがら紹介(リンク)してもらう(リンクを獲得する)と良いのです。

ではどうすればたくさんのリンクを獲得することができるのでしょうか?

ここでいくつか紹介していきます。

お願いする

 ワンポイント

SEOの世界では、リンクを獲得することは重要ですが、このリンクを獲得していくことを「リンク構築」と言ったり、「リンクビルディング」と言います。

また、自分のホームページにリンクを張ってくれているリンク元のことを「バックリンク」と言います。

他のホームページ運営者に、自社のホームページを紹介してもらうようにお願いするのです。

例えば文房具店さんなら、先ほどの事例のようにメーカーさんにお願いして紹介してもらうという方法もあるかもしれませんね。

協会や組合などの団体に所属しているような事業なら、その団体のホームページで紹介してもらうのも良いです。

それ以外にも、知り合いなどでホームページやブログを運営している人がいれば、その人にお願いして紹介してもらうこともできるでしょう。

そうやって紹介したりされたりするのがSEO対策では効果が有ったので、以前は「リンク集」のページを設けているホームページも多く存在しました。

リンク集

「相互リンク大歓迎」というページも良く見ましたが、最近はすっかり見かけなくなりましたね。これは、それまでの「相互リンク」というのが効果が無くなってしまったからです。

実はリンクとSEO対策には相反する難しい問題があるのです。

それは、さきほども触れた「人気投票」というのに関係してきます。

リンクをしてもらう(被リンクを獲得する)ということは、相手からリンクをしてもらう行為になります。しかし、一方的にリンクをしてもらえるケースは多くなくて、こちらも相手に対してリンクをする必要がある場合が多いです。つまり、リンクしてもらうだけではなくて、こちらからもするのですからから相互リンクということにになります。

ただ考えてみると、人気投票と言う意味ではお互いにリンクするより一方的にしてもらうだけの方が人気があるとも言えますよね。

そうなんです。実はリンクはお互いにし合うより、一方的にもらったほうがSEO対策でも有利なのです。

でもどうでしょう?自分はリンクしないけど、相手にはお願いするなんて、そんな都合の良い話はあまり受け入れられないですよね?

その結果、みんなリンクをお願いすることをやめてしまったのです。

自分でリンク元を作る

ある意味自作自演のようでもありますが、やり方によっては正しい場合もあります。

リンクを購入する

さて、ちょっと余談にもなりますが、大事なことを少し説明します。

実はリンクは購入することができるのです。

一方的にリンクをされた方が良いと言うところに目をつけたSEO業者さんは、“リンクを売る”というビジネスを思いつきました。

「1000リンク〇〇円!」というような価格設定で、たくさんのリンクを獲得できるのです。

これは実際にそうすることで効果が出ていた時代もありました。しかし、そう言うテクニックをGoogleは嫌います。意味のないリンクをたくさんもらっているようなホームページは上表示どころか、全然表示されなくなってしまうような事態になってしまったのです。

余談と言ったのは、さすがに最近はリンクを売っている業者さんもだいぶ少なくなったからです。ただ、全くいなくなった訳ではありませんし、そういう業者さんにひっかからないためにも覚えておいた方が良いので記載しておきました。

いずれにしても、お金でリンクを買う行為はGoogleも明確にダメだと言っているので手を出さない方が賢明です。

ただ、リンクの購入にお金を払っているかどうかをGoogleはどうやって知るのでしょうね?

そうなんです。例えば知り合いがホームページを持っていたとして、その人にお金を払ってリンクをしてもらってもGoogleにはわかりませんよね。

ただそうなると、今度はSEOの話ではなくてステルスマーケティングの話にも関わってくるので話がややこしくなってしまいます。なのでここでは触れません。

紹介したくなるような良いページを作る

実はこれはSEO対策の根本でもあります。結局のところ、他の人が紹介したくなるような価値のある良いページを作っていくことが何より大事なのです。これは今に始まったことでは無いのですが、さきほどのリンクを買う行為がダメになったように、SEO目的だけに何かをする行為はGoogleから嫌われてしまい、順位を落とされてしまうのです。

Googleが言っているのは、そうではなく、検索している人の意図に沿った価値のあるページを作ってくださいねと言っているのです。

要するにセコいやり方をするな、真面目にやれということです(笑)

ただ、そうは言ってもこれすごく難しいですよね?先ほどのように、文具メーカーさんなら大したページを作らなくても商品の紹介ページだけ作っていればいろんな人や企業がリンクをしてくれるでしょう。

しかし、メーカーでは無い文房具屋さんが作ったページを紹介してくれるような人や企業ってそんなにたくさんありますか?

そうなんです。価値の有るページを作ってリンクしてもらえるのって、決して簡単なことでは無いのです。

でもご安心ください。ほとんどのSEO対策の目的は、競合他社と比較してどの順位にいるのかを知り、他社より順位が上になれば良いのです。

つまりコクヨより上位に表示する必要はなく(もちろん上にあると良いですが)、他の文房具店のページより上に有れば良いということです。そう言う意味で他社と条件は同じですから、少しでも努力をして価値の有るページを作ることは大事ですし、少しでも紹介してもらえるところを増やすことも大事なのです。

リンクの獲得は今でも超重要

特に“相互リンクは意味がない”というのが広まり、それが“リンクしてもらっても意味がない”という間違った噂になって広がった今、リンクを構築していくことは、より他社とのSEO上の差別化になり、有利になる可能性もあると言えます。

リンクはホームページの世界の根幹であると同時に、Googleにとっても根幹です。Googleロボットはリンクを辿って情報(ページ)収集しています。

リンクしてもらえば何でも良いと言うわけではない

ここまでリンクを獲得する話をしてきましたが、実はリンクしてもらえば何でも良いと言うわけではありません。先ほど書いたようなリンク集はもちろんですが、そうでなくても関係性の低いページからのリンクはあまりプラスにはならないと言われています。

例えば(コクヨさんばかり例に取るのもなんですから、今度はゼブラさんにしておきますが。)文房具店のホームページでゼブラの商品の紹介ページを作ったとします。

このページの検索順位を上げたいと思ったら、これに他のホームページからリンクをしてもらうと良いわけです。このとき、メーカーさんであるゼブラのホームページからリンクをしてもらえれば効果は高いです。しかし、例えばその文房具店の隣の定食屋さんのホームページからリンクをしてもらっても効果は低いです。なぜなら、ゼブラの商品と定食屋さんのホームページではその内容に関連性が無いからです。

ですが、例えば文房具マニアの人が運営しているブログから紹介してもらうのは効果が高い可能性があります(ただしブログの形態にもよる)。

また、リンクの話題からは外れますが、価値のあるページを増やすことは、単純にそのページを見に来てくれる人が増えることにつながります。見てくれる人が多ければ、それはそれでGoogleの評価が上がる可能性があります。

発リンクも重要

先ほど“人気投票”の話をしましたが、それに関連して、発リンク(こちらから相手にリンクをする行為)はSEO上マイナスになるという現象がありました。

一方的にリンクをもらう方が良いということは、裏を返せばこちらからリンクをしない方が良い訳で、実際その方が良かった頃もありました。

しかし、今はそんなことはありません。逆に、一つのページには、他のホームページへのリンクが有った方が良いのです。

ついでに言うと、自分のホームページの中の他のページへのリンクも有ったほうが良いです。

何度も言いますが、SEO目的だけに何かをするのではなく、そのページを見ている人にとって価値のあるページを作っていくことが大事なのです。

最後に、個人的に思うこと。

SEO対策は結局のところ、Googleに気に入られるためにやっていることです。残念ながら私たちはGoogleに支配されていて、これは今後も続くでしょう。

ですから、SEOを考えた時にはGoogleが言っていることを理解し、またどうすればGoogleに気に入ってもらえるかと想像しながらやっていくのがSEO対策です。

ただ、個人的にはそればかり考えてページを作るのは面白くないときもあります。

例えば今読んでいただいているこのページ。リンクについて説明しているページですが、SEO的に考えると実はマイナスなことをしている可能性があるのです。

それは、“リンク”という言葉を使い過ぎていることです。

実はキーワードをたくさん使い過ぎると不利になると言われていて、○%位が良いという指標があります。

何故このようなことをGoogleがしているのかというと、以前はとにかくキーワードをたくさん入れるとSEOで有利になった時代があったからです。それで、意味もなくキーワードを無駄に繰り返し繰り返し記載して上位に表示させていました。

そこでGoogleは、やたらとたくさんキーワードを入れるページの評価を下げるようにしたんでしょうね。

でもどうなんでしょう?

リンクについて説明しているのですから、その言葉がたくさん使われるのは当然ですし、頻度を意識してページの文章を書くのも本末転倒な気がしませんか?

思うに、キーワードが出てくる頻度(出現率)を気にしてページを作らなくてはいけないようでは、逆にGoogleの性能はまだまだということです。

いずれはそんな事を気にする必要がなくなると思うので、あまりSEOの技術的なところばかりを意識せず、ページを作っていくのも個人的には悪くないと思っております。