SEOは終わったのか・・・の続き

前回の記事「seoは終わったのか」の続きです。

SEO対策が過去のものになったと言われる理由について。

前回の記事では、SEOと言う言葉の捉え方が変わったという話しを書きました。

しかし、サーチエンジンが、ユーザーの求めるであろう情報を提供する事に精力を注いでいる限り、サイト運営者がそのサーチエンジンの検索順位で上位にくるように努力することは理にかなっています。

次に、「従来のSEO対策の効果が無くなった」と言われること。これについては、既にSEO業界では当たり前の話しになっています。ただ闇雲にリンクを増やしたり、無駄なサイトをいくつも作ってリンクを稼ぐようなやり方は通用しなくなりました。

それでも、リンクを増やす努力はある程度必要ですし、価値のあるサイトを複数運営することも効果があります。しかし、そうなると困ってしまうのが従来のSEO業者です。コンテンツを充実させたり、価値のあるサイトを運営することができるのは、運営者サイドにしかできないことであり、SEO業者はそのアドバイスをすること位しかできなくなりました。

そうなると、今までのように高額なSEO対策費を稼ぐことができなくなります。つまり、SEO対策の効果が無くなったのは、検索順位で上位表示することに効果が無くなったわけではなく、従来のSEO業者にとってうま味が無くなった=効果が無くなった、とも言えるのではないでしょうか。

繰り返しますが、リンクを集めることはある程度効果が有りますし、リンクは今のところGoogleアルゴリズムの中では重要な因子です。ただ、今後はもっと違う形にシフトして行くことが予想され、私たちはそれに対応していかなくてはいけません。

最後に、「広告の効果が大きくなったことがSEOの効果が無くなったという論理に結びついた」という点。これは一理有ります。以前のクリック広告だけでなく、様々な広告形態ができたことで広告効果が以前より大きくなりました。かといって、検索で上位表示されることが有利な点は変わりありません。

以前、ある芸能人が「検索しても業者の情報しか出ないから検索は使わない」と言う話をしていました。それはそれで1つの意見ですし、個人の使い方の話しなので否定はしません。ですが、そういうユーザーは極少数でしょうし、要は賢く情報を取捨選択していけば良いのではないでしょうか。

さて、SEO対策は、以前のような姑息な手段は通用しなくなり、ユーザー目線でサイトを構築していく必要があります。そして、本当の意味でコンテンツを充実させるには、SEO業者さんが入って手助け出来る事は少なくなり、サイトの運営者自らが汗を流してサイトを作り上げていくしかないというのが今の傾向です。SEO業者にできることは、作業よりもノウハウの提供が中心になり、過去のようなブラックで美味しい商売では無くなってしまったと言えます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。

話題をチェック

  1. azul
    ダイビングスクールのサイトをリニューアルしました サイトはこちら http://www.azu…
  2. mat11_s
    ホームページを作る際には、メニューを決めていく必要があります。 ここで言うメニューとは、ホーム…

ランキング

ページ上部へ戻る